抜型工房 かわさき 

火造り・スエーデン鋼抜型専門店 抜型工房 かわさき 

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

火造り抜き型(抜型)製作工程

DSC03097.jpg


火造り抜き型抜型)とは、写真のような鋼の板からを削り出す「元祖抜き型抜型)」なのであります。日本刀、包丁、なんかの作り方と似てますが、抜き型抜型)の場合は上から圧力をかけて抜く物なので、の付け方や焼きの入れ方は全く別物。では、最初に写真のように型紙の外周を測り鋼材を切ります。

DSC03100.jpg


スエーデン鋼と同様のベンダー(曲げ機)で曲げて行きます。火造り用のベンダーは油圧式になってます。

DSC03108.jpg


曲げ始めと曲げ終わりの間にできる隙間を、鋼の溶接棒で溶接。

DSC03111.jpg


この様になります。

DSC03137.jpg


研磨機で水平を出し、お客様の希望の高さまで削ります。

DSC03139.jpg


型紙に合わせて線を入れていきます。直線部分は金ザシで。。

DSC03142.jpg


ここからを擦り出す作業に入ります。まず、の内側部分を粗方仕上げていきます。サンダーなどを使って、先程入れた線の手前までそぎ落とします。

DSC03143.jpg


線手前まで粗擦りすると、ここからはヤスリを使って細かく仕上げていきます。線まで削ってしまうと少し型が大きく仕上がる為、線を残すぐらいで仕上げます。

DSC03148.jpg


内側がほぼ仕上がりました。

DSC03155.jpg


型の外側のの部分に取り掛かります。内側がほぼ仕上がってるのでグラインダーでギリギリまで擦り下ろします。

DSC03163.jpg


ギリギリまで擦り下ろした状態です。ここからが重要な作業、本格的にヤスリで擦り出していきます。型紙や金ザシで確認しながら慎重に。。

DSC03165.jpg


こんな感じ。抜く材質によって若干刃の付け方を変えています。

DSC03170.jpg


刃が付いた状態になりました。刃が付いているかいないかの判断は刃先を触ると分かります。後は炭火による焼き入れです。

DSC03174.jpg


焼き入れ風景の撮影に失敗しました。これは、焼き入れ後の炉の様子。。

DSC03176.jpg


型を炭火で赤くなるまで焼いてこの様に油で冷まします。油でじわっと冷ますことにより粘りのある割れに強い火造り抜き型抜型)になります。

DSC03190.jpg


焼きの入った刃になります。後は錆止めのクリアを塗って完成です。

昔に比べ、火造り抜き型抜型)の需要は減りつつありますが、定番商品にはやはり刃の付け直しが利く火造りが使われます。少々金額も張りますが、かなり手間隙かかって作られるものですし、切れ味もいいので値打ちはあります!!




抜型に関するご質問、ご注文、お見積りはお気軽にTEL、FAX、メールにてお問合せください。

  火造り・スエーデン鋼抜型専門店

  抜型工房 かわさき

〒769-2901
  香川県東かがわ市引田3224-6
   tel/fax 0879-33-5636
e-mail info@nukigatakobo.com
URL http//www.nukigatakobo.com/


ブログランキングに参加してます。
ポチッとお願いします。。








スポンサーサイト

| 製作工程(火造り) | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。