FC2ブログ

抜型工房 かわさき 

火造り・スエーデン鋼抜型専門店 抜型工房 かわさき 

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スエーデン鋼製作工程

DSC03042.jpg


まず、型紙の外周を採寸し、その長さの刃材をカットします。(刃材は巻かれた状態でいる為カット後に刃材の反りを修正)

DSC03045.jpg


スエーデン鋼を曲げる為の足踏み式のベンダーで型紙に忠実に曲げていきます。

DSC03046.jpg


曲げる向きや鋭角の部分には、ノコで切り込み(スジ)を入れることも。

DSC03048.jpg


ぐるっと一周曲がったら直角が出ているか確認(直角の場合)

DSC03051.jpg


曲げることによって生じたねじれを修正します。この作業を怠ると刃先に均等に圧力(プレス時)を加えることが出来なくなる為、切れ味を損ねるのでなるべく丁寧に。それから型紙に合わせてねじれをとったことによって崩れた外周を微調整。2~5回繰り返すこともあります。

DSC03049.jpg


曲げ終わったら補強の梁を切ります。なるべくピッタリに切らないと溶接時に反りが出ます。

DSC03056.jpg


切り出した梁をグラインダーで微調整して溶接します。大きい型は溶接により引っ張られて反りが出るため大変です。

DSC03058.jpg


刃と刃の繋ぎ目を溶接します。刃先のギリギリまで溶接するのは結構大変。ミスをすると刃が溶けてしまいます。

DSC03062.jpg


溶接かすをキレイにとっていきます。

DSC03064.jpg


スエーデン鋼は、あらかじめ刃が付いていますが仕上げに極々軽くやすりで刃を立てます。

DSC03066.jpg


縫製するための目安になる印(あたり、きざみ、ぴりけん)を付ける場所にマーキング。

DSC03070.jpg


軽く焼いてこのように凹凸ではさみます。

DSC03073.jpg


このような小さな印が付きます。大、小、外向き、内向き等用途に合わせて変えてます。

DSC03077.jpg


錆防止にクリアーを塗り、刃先に付いたクリアーをシンナーで拭きます。

DSC03084.jpg


乾いたら、もう一度型紙をのせて検品。


これがスエーデン鋼製作の全工程です。一言に抜型と言っても奥が深いものであります。



抜型に関するご質問、ご注文、お見積りはお気軽にTEL、FAX、メールにてお問合せください。

  火造り・スエーデン鋼抜型専門店

  抜型工房 かわさき

〒769-2901
  香川県東かがわ市引田3224-6
   tel/fax 0879-33-5636
e-mail info@nukigatakobo.com
URL http//www.nukigatakobo.com/
スポンサーサイト

≫ Read More

| 製作工程(スエーデン鋼) | 13:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。